検索
  • 日本キリスト改革派 田無教会

2020年8月30日「心が躍る命の御言葉」主日礼拝


  • 聖書箇所:新約聖書 ヨハネによる福音書4章1-15節

  • メッセージ:豊川修司教師

二人の会話を通して、主イエスが与える水とはいったいどのような水なのかを、明らかにしていきたいと思います。13、14節、イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

二人の会話はどのように始まったのでしょうか。主イエスは長旅の疲れから、井戸の傍に座っていました。弟子たちは街へ食べ物を買いに行っていたその間です。丁度、真昼の真盛り、太陽が容赦なく照らす時間帯に、一人のサマリアの女性が水を汲みにきたのです。 

主イエスは早速、サマリアの女性にこうお願いしました。7節「水を飲ませてください」その女性は主イエスの顔を見るや否や、何と驚く言葉を発したのです。9節、すると、サマリアの女は、「ユダヤ人のあなたがサマリアの女のわたしに、どうして水を飲ませてほしいと頼むのですか」と言ったのです。ユダヤ人はサマリア人とは交際しないからである。

 実は、ユダヤ人とサマリア人は口も利かず、交際もしなかったのです。それもそのはず、紀元前900年頃、イスラエル民族はもともと一つでしたが、北イエラエルと南ユダに分裂してしまいました。北イスラエルはサマリアを首都とし、南ユダはエルサレムを首都にしたのです。それ以来、交際もしない、互いにいがみ合う犬と猿の間柄になったのです。サマリアは先祖代々、モーセの教えと偶像礼拝が中心だったのです。だから、ユダヤ人の主イエスが、サマリアに入るということ事体、とても危険なことでした。その場所に主イエスの一行は入っていったのです。

 予期に反せず、サマリアの女性は、主イエスに水一杯をあげるどころか、攻撃的な言葉をかけて主イエスを困らせました。ここから、主イエスと女性の会話の攻防が始まります。主イエスは、敵対心をもって責める女性の心を見ぬきました。女性の心の奥底を開き、救いの御言葉に心を向けるように、次の言葉を与えたのです。

10節、イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう。」

主イエスはこの御言葉の中で2つの大切なことを教えます。

① 神の賜物とは、主イエスを通して、神様から一方的に与えられる恵みのことです。井戸から汲む水は、溜まった水です。しかし、主イエスが与える水は、もっと冷たく、一杯飲んだだけで、生きた心地のする水です。しかもその水は、神のご意思で、お金を払わず、ただで与えられるものです。

② そして「水を飲ませてください」と言った方は、神の独り子、主イエス・キリストです。

主イエスの言葉に、サマリアの女性はもがき、必死に抵抗します。そして、11節では、このような質問をぶつけます。11節、女は言った。「主よ、あなたはくむ物をお持ちでないし、井戸は深いのです。ど こからその生きた水を手にお入れになるのですか。あなたは、わたしたちの父ヤコブよりも偉いのですか。ヤコブがこの井戸をわたしたちに与え、彼自身も、その子供や家も、この井戸から水を飲んだのです。」

女性は、先祖代々飲み続けてきた大切な井戸水、大切な生活用水が否定されたのですから、怒り、抗議をして反論するのは当然です。「井戸はこんなに深いのに、どのようにして水を汲むのですか。あなたは先祖ヤコブよりも偉いのですか」と主イエスを責め続けます。なかなか主イエスの招きに入って来ません。わたしたちも洗礼を受ける前は、同じ心だったと思います。生活を変えることや習慣を変えることは、並大抵ではありません。

そこで、主イエスは、抵抗する女性の心を見抜き、深い憐れみを示して、ついに決定的なメッセージである13節、14節の命の御言葉を与えます。3節、14節、イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

女性がこれまで汲み、飲んできた水は、人間の命を維持するために必要、不可欠なものです。女性は、暑い最中、人目を避けなければならない事情があったにせよ、水を汲みに来なければ命の危険があったのです。主イエスは、女性の精神的にも肉体的にも渇いている姿を見たのです。しかし、主イエスが与える水とは、永遠の命に至る水です。この命は、ギリシャ語でゾーエーと呼ばれ、神と主イエスとの生命的なつながりの言葉です。主イエスと神と共に生きることを意味します。もっと、単刀直入にいいますと、命は、主イエス・キリストそのものです。主イエスの福音を聞いた女性は、心に大きな変化が起きました。14節、女は言った。「主よ、渇くことがないように、また、ここにくみに来なくてもいいように、その水をください。」あれほど主イエスの招きに反抗していたのに、サマリアの女性は、心と魂が主イエスの福音に触れて、心が躍ったのです。この時点で、女性は福音を完全に理解していたわけではありませんが、主イエスと聖霊に導かれて、女性の心は過去の苦しみから解き放されたのです。

4章16節以降では過去の自分の歩みが明らかにされて、まことの神礼拝へと導かれます。女性の心は、主イエスの御言葉を受入れる準備ができたということです。

 主イエスは、サマリアの女性の魂に配慮しながら、適切な言葉を提供したのです。渇いた心に命の水が与えられて、女性の心は喜びで躍り上がりました。そればかりでなく、もう、人目を避けて水くみに来なくても、主イエスを人々に語る者に変えられたのです。

それでは、今日の説教から、3つのことをお薦めします。。

第一は、教会に新しく見えられた方を、理由を問わず、受け入れてください。サマリアの女性のように、人には生活環境や習慣があり、自分の生き方や考え方は簡単に変えられません。ですから、その方の主張を頭から否定しないで、よく聞いてあげてください。

第二は、その方の心の変化を、よーく観察することです。その方の心が見えてきたら、主イエスの御言葉をかみ砕いて提供してください。「わたしは命のパンです」「わたしは命の水です」というように。

第三は、その方の心が開き始め、御言葉を受入れるようになったら、教会の礼拝に導いてください。もう、過去の自分ではなく、サマリアの女性のように、新しく生まれた者として、真の神を礼拝し、主イエスを信じて洗礼に導かれ道を歩んでください。(分析:中山仰)


豊川修司教師

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月29日「神の国に入るためには」主日礼拝

聖書箇所:新約聖書 ルカによる福音書18章18-30節 メッセージ:中山仰牧師 登場する金持ちの議員は「善い先生、何をすれば永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか」と(主イエスに丁寧に)尋ねています。主イエスは、十戒 の18:20『姦淫するな、殺すな、盗むな、偽証するな、父母を敬え』という掟をあなたは知っているはずだ。」 と示します。その議員は「そういうことはみな、子供の時から守ってきました」と

2020年11月22日「子供のように受け入れる天国」主日礼拝

聖書箇所:新約聖書 ルカによる福音書18章15-17節 メッセージ:中山仰牧師 1.聖書に子供の登場箇所はここと9:14の2か所しかないので、貴重な箇所となる。 ここで「乳飲み子までも連れて来た」とあるから少し大きな子供たちも連れて来られたことは間違いない。当時の習慣で、偉いラビと呼ばれる先生に祝福してもらうために幼児たちを連れて来たのに、「弟子たちは、これを見て叱った」とある。それは決して悪意か

© 宗教法人 日本キリスト改革派 田無教会