俳句の集い

 昨年12月に田無教会に赴任した中山仰(あおぐ)といいます。下手な横好きで俳句を初めて10年以上になりますが、いまだに選者クラスにはなれていません。でも楽しんでいます。ある先輩が「俳句とゴルフは賞を取ろうと思わなければこれほど楽しいものはない」とおっしゃった言葉を思い出します。

 この町には、きっと多くの俳句好きがおられ、また私以上に長らく句作を続けておられる方々がおられることでしょう。どうか共に俳諧をしてみませんか。

「亀鳴くや

叔父に病名

告げられず」拙句

 現在、転勤の度に結社に加入して3つの句会で学んでいます。白魚火(島根県)、四万十(高知県)、夏炉(長野県)。さらに同好の志との出会いを求めています。俳句を通しての交流は、また他にはないお互いを知る良いチャンスです。

会場は、教会で行いますので会費も会場費はいりません。毎月一回第4金曜日午後1時30分から。毎回季節の句を5句お持ちください。教会員以外の方も既に1,2名参加しています。どうかお気軽にお越しください。

© 宗教法人 日本キリスト改革派 田無教会