検索
  • 日本キリスト改革派 田無教会

2020年12月27日「異邦人の救い主イエス」主日礼拝


  • 聖書箇所:新約聖書 マタイによる福音書2章1-12節

  • メッセージ:中山仰牧師

 ヘロデという人物の異常さは常軌を逸しています。彼の前の政権を利用しながら権力の座に就いたヘロデは、その後謀反の芽となりかねないハスモン王朝の血を引く者たちを抹殺していきます。妻の弟を血祭りにあげ、さらに妻とその母親すら処刑したのでした。そしてあろうことか自分の二人の息子さえ処刑しています。

 そこへもってきて、東方の占星術の学者たちが「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか」と尋ねて来たのです。その驚きと怒りはどれほどのものだったでしょうか。そこで 4王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。」のでした。ヘロデは内心を抑えて、7そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。 8そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。のです。ヘロデほどの猜疑心が強い人間が、どうして博士たちと一緒に自分の部下たちを差し向けなかったのでしょうか。その理由として考えられることは、ヘロデの王としてのプライドではなかったかと推測します。

博士たちはそれを聞いて、幼子イエスさまに出会って礼拝し贈り物を届けました。 12ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。とあります。16節以下によると、「さて、ヘロデは占星術の学者たちにだまされたと知って、大いに怒った。そして、人を送り、学者たちに確かめておいた時期に基づいて、ベツレヘムとその周辺にいた二歳以下の男の子を、一人残らず殺させた。」とあります。ここにヘロデの残忍さを確認できます。

 そうです、この時東方の博士たちは大の大人でしたが、子どものように「その星を見て喜びにあふれた。」のでした。それは、彼らが星の研究者であったからという訳ではなさそうです。その星こそ、彼らが研究していた世界の救い主の誕生のしるしだったからです。混沌とした世の中にあっても、本心から世の乱れや人心の荒廃に心を痛め、真の救いを待ち望んでいる者はいつの世にも少数であっても存在するのです。

 救い主イエス・キリストの誕生は、イスラエルの中でも身分の貧しい人間扱いされていなかった羊飼いに告げられました。またここでは、東方のつまり異邦人の占星術の学者たちによる礼拝がしたためられていることが特徴的です。このように、救い主イエス・キリストは神の約束の受け手であるイスラエルのために来られましたが、初めから異邦人の救い主という全人類の救い主であることがはっきりと分かる登場の仕方なのです。

博士たちが御子イエスにささげた「黄金・乳香・没薬」の意味を考えましょう。

まず東方の博士たちが贈った「黄金・乳香・没薬」の中で、黄金は何に使われたのでしょうか。「黄金」については、ヨハネの黙示録に圧倒的に多く用いられています。結論から言うと、金は何に用いられたかというより、王様たるにふさわしい者にささげられていることを知ることができます。

2つ目の乳香は王の即位の時に油注ぎとして用いられます。まさに真の王にふさわしい贈り物です。3つ目の没薬は、主に埋葬の準備品として用いられるものです。これは明らかに、幼子の未来への象徴的な贈り物となっています。すなわち十字架へ向かう用意です。それが生まれた時から示されていたという事実を覚えなければなりません。

救い主イエス・キリストが真の救い主であるという真の証拠は、この方にある者は、永遠の命に生きるという約束です。イスラエルの隣の異邦人の地で、サマリアの女に主は水を飲ませて欲しいという要望ががきっかけとなって話が進みます。その時主イエスは異邦人の彼女に対して「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」(ヨハネ4:13-14)と約束しているではありませんか。

そのために、主イエスはまず私たちの罪を背負って十字架の死ななければなりませんでした。真の神の子として、全世界の民の救い主としてお出でくださった方が、私たちの死を肩代わりして救いの命へと導いてくださいました。しかし十字架に葬られた主は真の王であります。十字架につけられる前の裁判で、ピラトは主イエスに向かって「お前はユダヤ人の王なのか」と何回か問いかけ、つぶやきます。しかし、主は真の王であるのに「わたしが王だとは、ああたが言っていることです。」とまるで王と呼ばれることを意識していないかのようです。続けて主は「わたしは真理について証しするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理の属する人は皆、わたしの声を聞く」と断言されています。十字架で死なれてからも「いつまでも死の陰府に閉じ込められていることはありませんでした。死の床から三日後に復活なさった方は、キリスト・イエスを私の罪の救い主と信じる者に同じ復活の命を付与してくださいます。主の真理に生きる者たちは、主の救いの言葉をはっきりと聞くことができます。

誰彼の区別はまったくありません。信じるすべての者に対してです。そこにはユダヤ人も異邦人の区別もありません。寄留者であろうと、虐げられている人でも、どんな境遇に置かれている人にも真の救い主なのです。それが御子の誕生の時からすでに始まっていたことです。ですから、イエス・キリスこそ全世界の救い主なのです。異邦人の救い主でもあります。心から求める者を確実に捕らえてくださるお方です。ですから私たちキリスト者は、心から主をほめたたえます。クリスマスおめでとうございます。


田無教会牧師 中山仰

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月4日「復活の主はガリラヤへ」イースター礼拝

聖書箇所:新約聖書 マタイによる福音書 28章1-10節 メッセージ:中山仰牧師 「さて、安息日が終わって」とあります。婦人たちには長く長く感じた当時の安息日である土曜日がようやく終わって、日曜日の朝、まだ暗いうちに墓に駆け付けました。死んでしまった主に会うためにです。その時大きな地震が起きました。そこへ主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。 3その姿は稲妻のよう

© 宗教法人 日本キリスト改革派 田無教会